施設入所ご利用案内

①ご利用の相談

事前にご家族との面接を行います。ご本人が来ることの出来る方は来所して頂きます。お越しになる前に、必ず電話を下さい。
要予約となっておりますので、お電話にて来所される日の調整をさせていただければ、相談員が対応させていただきます。
* ご利用の対象は介護保険制度による要介護認定(要介護1~5)の認定を受けた方。
但し、「要支援」「自立」と判定された方は介護保険制度の規定により、入所はご遠慮させていただいております。

②ご利用申込み

当施設の方針にご納得いただければ、ご利用の必要書類をお渡しいたしますので、記入していただきます。(利用申込書・ご利用者状況表・診断書)

③ご本人面談

ご本人が入院中の場合、看護師とケアマネージャー、支援相談員でご本人面談に伺わせていただきます。
(日程によって入所判定会議と前後する場合もございます。)

④入所判定会議

当施設へ入所に必要な書類がそろいましたら、医師、看護師、介護職員、リハビリ職員、
管理栄養士、支援相談員、ケアマネージャーで判定会議を開き、方向性の確認とケアプランの作成準備、申し送りを行います。

⑤入所

入所判定会議の結果を、ご本人、又はご家族にお伝えします。最終的に同意が得られれば入所となります。
(ベッド調整の為、若干入所日までお待ちいただくことありますので、ご了承ください。)

⑥入所継続検討会議

入所判定会議時と同じメンバーで、3ヶ月に1度、今後の方向性について話し合いを行います。
ケアプランの見直しや在宅にて生活できるかどうか判断いたします。

<持ち物について>

  • 介護保険証、介護保険負担割合証、健康保険証類
  • 福祉給付金資格者証、介護負担限度額認定証など(お持ちの方)
  • 身体障害者手帳(お持ちの方)
  • 薬手帳、内服処方箋(ご自宅から入所される場合)
  • 印鑑(契約書へ捺印していただきます)
  • 身の回り品
  • 普段着(着慣れたもの、ジャージ等)上下5枚程度、寝巻(パジャマ)、外出着(上着、羽織物)、下着(シャツ、パンツ、靴下)、履物(スリッパ以外)、口腔ケアセット(歯ブラシ3本、歯磨き粉、入れ歯洗浄剤、入れ歯ケース等)、電気剃刀、タオル等、洗濯物入れ(衣装ケースのような物)


  • * 持ち物には必ず名前を記入してください。名前は見やすいところに大きく記入してください。記入がない場合、紛失時の責任は負いかねます。
  • * 食べ物の持ち込みはご遠慮ください。
  • * ナイフ、はさみ等は持ち込まないでください。
  • * 多額の金銭、貴重品は紛失、盗難、破損等に責任を負いかねますので、ご持参されないようお願い致します。
  • * 衣替えの時期には、衣類の交換を忘れずに行ってください。
  • * オムツ、リハビリパンツ、パットは当施設でご用意いたします。(介護保険に含まれています)

<入所中の生活について>

  • 食事
    食堂で皆様と一緒に召し上がっていただきます。
  • 入浴
    原則として、週2回の利用となっております。身体の状態に合わせて、一般浴、機械浴等にて対応いたします。
  • リハビリ
    ご本人、ご家族の希望を取り入れながら、リハビリ職員が個人にあったプログラムを提供いたします。(理学療法、作業療法、言語療法)
  • レクリエーション
    毎日のレクリエーションの他、月ごとの行事等行っております。

<洗濯について>

洗濯は原則としてご家族の方にお願いしております。洗濯物がたまらないようご協力お願い致します。
衣類が不足気味の場合、当施設スタッフよりご連絡させていただく事がありますのでご了承ください。

<面会時間について>

平日
9:00~19:00
土日祝日
9:00~17:30

* 受付に面会カードがありますのでご記入をお願いします。

<利用料について>

概算の月額の利用料は下記の通りです。詳しい金額等は、別紙料金表をご参照下さい。

介護老人保健施設あんず 入所サービス利用料

支払方法
月末締めとなります。
毎月15日以降、前月分のお支払いをしていただきます。
1階受付で現金または、クレジットカード(一括払い)がご利用できます。
銀行引き落としも可能です。

<入所時の保険証の取扱いについて>

介護老人保健施設は、介護保険法に定められた規定により、運営されております。
入所期間中は、当施設が保険の対応を受けておりますので、医療機関にかかる際は、当施設医師の紹介状が必要になります。
つきましては、入所中の外出・外泊時には、無断で医療機関にかからないでください。
やむをえず、医療機関にかかる場合には、当施設までご連絡下さい

  • * 介護老人保健施設のシステムを、医療機関がご存じない場合があります。その場合には、当施設より電話で説明いたします。
  • * 施設長の許可なしにお薬をもらうことはできません。

<他施設の紹介>

当施設での対応が困難となり、専門的な対応が必要になった場合には、責任を持って専門の医療機関を紹介いたします。

短期入所療養介護サービス(ショートステイ)の利用案内

①ご利用相談

事前にご家族と面談を行います。本人様が来所できる場合には、来所をお願いします。
お越しになる前に、必ずお電話下さい。 お電話にて来所される日程の調整をさせて頂ければ、 相談員が対応させて頂きます
来所が困難な場合、お宅まで訪問させて頂きますので、ご相談下さい。
ご利用の対象者:介護保険制度による要介護認定(要支援・ 要介護1~5)を受けた方。
ただし、『自立』 と判定された方は介護保険制度の規定により、ご利用は遠慮させて頂きます。

②書類の提出

・当施設方針にご納得頂ければ、ご利用に際しての必要書類をお渡しします。(利用申込書・ご利用者状況表・診断書)

③入所判定会議

記入後、当施設へ書類一式を提出して頂きます。
当施設医師、看護職員、介護職員、リハビリ 職員、管理栄養士、担当相談員、ケアマネー ジャーとで判定会議を開きます。

④サービス開始

居宅介護支援事業所のケアプランに沿い、 サービス開始となります。

【入所に際しての持ち物】

介護保険証 健康保険証(コピーでも可) ショートステイ連絡ノート(事前にお渡しします。ご持参下さい)

<身の回りの品>

普段着(着慣れたもの、ジャージ等) 日数分ご用意下さい 外出着(上着) ねまき 下着(シャツ パンツ 靴下) 履き物(内履き用、外履き用) 歯ブラシ、歯磨き粉、電気剃刀、タオル(ベッド回りで使用される方) 洗濯物入れ(においの密閉できるもの) その他 エアマット 車椅子等自宅で使用されている物、お薬(日数分必ずご用意下さい。処方箋も一緒に持参してください。)


  • *短期入所中、施設よりお薬を処方することは出来ません。 病院にかかれませんのでご注意下さい。
  • *ご利用前に『ショートステイ連絡帳』をお渡しします。ご家庭内の様子をご記入後、利用時にご持参下さい。
  • *持ち物には名前を必ず記入してください。記入のない場合、紛失時の責任は負いかねます。
  • *ナイフ、はさみ等は絶対に持ち込まないで下さい。
  • *多額の金銭、貴重品は紛失、盗難、破損等に責任を負いかねます。ご持参されないようにお願いいたします。
  • *オムツ、リハビリパンツ、パットは当施設にてご用意いたします。 (介護保険に含まれます)

【入所中の生活について】

食事:食堂にて皆さんと一緒に食事をして頂きます 原則として週 2回となっております。

入浴 :身体の状態に合わせて、一般浴、車椅子浴、 機械浴にて対応致します。

【リハビリテーション】

本人様、ご家族様の希望を取り入れながら、リハビリの職員が個人に 合ったプログラムを提供いたします。

【レクリエーション】

毎日のレクリエーションの他、クラブ活動、月ごとの行事など行っております。

【面会時間について】

平日 :9:00~19:00/土日祝:9:00~17:30(1階受付にて面会カードがありますのでご記入下さい。)

【料金、お支払い方法】

詳しい金額等は、別紙料金表をご参照下さい。
支払い方法:当施設では、お支払いは現金払い又は銀行引き落としとなっております。
尚、現金払いの場合は請求書と領収書が同一用紙となっておりますので請求書の 送付は行っておりません。金額等のお問い合せは、電話にてご確認下さい。

PAGE TOP