NST(栄養サポートチーム)

当施設には、老健では珍しく、NST(栄養サポートチーム)があります(‘ω’)ノ

嚥下機能維持向上の為のチームです☆

食事によって低栄養状態の方の栄養状態・褥瘡の改善を目指しています!

医師・看護師・管理栄養士・言語聴覚士・歯科衛生士・介護職員・ケアマネージャーと、多職種が集まり、チームとなって、食事の経口摂取の維持・胃ろう等から経口摂取にむけてのリハビリ・ケア等を積極的に行っています!


さて今回は、NST会議で介護職員より、「重度の認知症の方への食事について、職員一人一人みんな頑張って試行錯誤しているが、食べてもらえず、もう手を尽くし困っている」という意見が出ました!

この対象者について皆で話し合い、口腔期に問題があるのでは?となった為、トロミがついた水を凍らせてトロミ氷を作り、刺激を与え、食塊を飲み込んでもらおうという結論に。

多職種が昼食時に集まり、試みました(‘ω’)ノ

最初は対象者一名でしたが、現場からの意見で、もう一人の方へもアプローチ!

食事を口に入れ、もぐもぐしてくれなくなり、溜め込みが見られた時に少量のトロミ氷を食べてもらうと、しっかりと飲み込むことができ、思ったよりも沢山食べて頂くことができました( ゚Д゚)!!

氷でおこなうという例は聞きますが、トロミ氷は初めての試みでしたが、大成功!?

トロミ氷なので、溶けてもしっかりとトロミがついているので、嚥下に不安がある方でも安心(*’ω’*)


溶けるとこんな感じです♪

工夫して、皆様に口から食事を摂ってもらうために、これからも、小さな問題から大きな問題まで、しっかりと考えていきたいですね(*^^*)


PAGE TOP